忍者ブログ
適当に駄文。 書き物は妖怪メイン・・・でもないかも。 TRPGとか電源ゲーとかの話も。
[29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前述の通り集会は休んでしまったので、月曜日に黒猫夜氏主催のT&Tにお邪魔。


+ + + + + + + + + +

あいかわらず無茶なシステムでありまして、
「能力値は3D6で決定します」「あいあい」
「ゾロ目は振り足しです」「おい」
「人間以外ならば決定した能力値に種族特性をかけます。たとえばドワーフの体力度の係数は2です」「おいおい」
多少下がる能力値があるとはいえ、たいてい2倍の能力値が2つ書いてあるんですが、異種族。
「一般判定は能力値+2D6で、セービングロールのレベル(難易度)が1上がるたびに、目標値が5上がります」「・・・つまり一般判定は大雑把だと」
しかし戦闘も大雑把だったw 単純にドワーフ強いよ。エルフの魔法もおかしいけどな。能力値2倍とか・・・せめて固定値加算にならんのか。

で、キャラクターメイキング
「6ゾロ!」「キター!」「こっちも6ゾロ!」「回せ回せ!」「1ゾロ・・・しかしそのあと5ゾロ!」「うおー!」「2ゾロ、そのあと1・2・3」「合計12・・・まあ期待値よりはいいよ・・・」
で、5人中3人が種族特性もかけて能力値が40を軽く超える・・・残る二人は期待値よりはよかったのだが、比較して悲しい気分に。
こうして出来上がったのは、人知を逸した体力のドワーフ、人知を逸した知力のエルフ、人知を逸した魔力のエルフ、比較的普通のフェアリー、比較的普通の骨。
「骨?」「スケルトン人間」「せめて布は被ってください。街中で襲われても知りません」

で、シナリオが始まる。
山賊に攫われた娘を助け出し、またそれを単身追いかけていった姉を連れ戻すミッション。
早く山賊のボスの所までたどりつかないとセクハラシーンがありますよ、というお話だったのだが・・・
人知を逸したエルフの知力が罠を見破る。
人知を逸したドワーフの体力が大自然を蹂躙する。
「急な斜面の道(?)があります。昇るには体力度で判定です。失敗すると体力度判定で成功するまで防御無視ダメージが入り続けます」「フェアリーは飛ぶしドワーフと骨は戦士だからいいとして」「エルフ二人は死ぬね!」
「全員をロープで縛って一緒に昇っていったらどうなりますか?」「総合難易度はあがりますが、全員の大量判定の合計値を達成値とします」「・・・・・・おい、ドワーフ一人で必要な達成数満たせるぞ」
かくして数珠繋ぎのエルフ・骨を引きずって爆走するドワーフ。判定に参加すれば経験値がもらえる、ということで飛んでるフェアリーもなぜか一緒に崖昇り(っつか電車ごっこ?)。

山賊の住処はかつて邪悪な魔術師が住んでいた遺跡。罠を解除しとらわれの娘達を助け、山賊の一部を練り殺し(不意打ちだったから本当に練り殺した)、親玉(かつての魔術師に憑依されていた)が飼っているドラゴンと親玉本人に対峙する一行。
様々な情報からドラゴンが胡椒に弱いことをつきとめており、フェアリーが胡椒を投げつける。ドラゴン行動不能。親玉は防御魔法を自分たちにかける!
「って、そっち二人とも攻撃しないんだよね?」「うん、できないね」ダメージ素通り、1ターンキル。
あまりに到着が早くてセクハラシーンも無し。かくして礼金をもらってハッピーエンド。

感想
・いや、あっけなかったように書いてるけど、実際トラップなどは色々ヒヤヒヤさせられたり、実際痛かったりしたのですよ。戦闘は不意をついたりした結果、あまり緊迫感はありませんでしたが。ドラゴンは胡椒で弱体化する、くらいでよかったかもね。行動不能はT&Tでは重いわw
・山道やダンジョンは凄く良く考えてあったと思います。普段は山賊たちがどのように移動しているか、なども決めてあり、ありがちな「こいつらどうやって生活してんの?」という異常な居住区などになっていなかったのは素晴らしいです。「こんな崖道通らないよ、抜け道あるよ!」と言ったら実際あったしな。俺らは崖道通ったけどw
・GM経験が少ないと言ってたわりに、おそらく一番難しい「PLの提案を吟味し判定の難易度をとっさに変更する」「場合によっては提案を却下する」ことがスムーズに行われていました。非常に安心して遊べる良いマスタリングだと感じました。
・しかし大雑把なゲームだw 嫌いじゃないが、能力値は振り足しても最大値20、種族特性は固定値加算、だけでも全然違った感じになるかと思います。まあ今回は本当に出目が片寄ってたけどね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
楽しんでもらえたようでなによりです。
がんばってダンジョン作った甲斐がありました。
がんばって作ったのは実はダンジョンよりもダンジョンまでの行程だったりするのですが……w

僕は、バランスは下から調整していくタイプのようなので、次回はもうちょっと難しくなるよう努力しますね。今回のPCを標準と考えてはいけない気がしますけどw

あと、T&Tはお馬鹿なイベントを考えるのが楽しくてGMやってて楽しかったです。
黒猫夜@GM 2007/01/10(Wed) 編集
Re:楽しんでもらえたようでなによりです。
是非是非次もお願いします。T&Tに限らず、ですが。
ああいう馬鹿なノリは楽しいですね。T&Tならでは、という気がします。まあバランスは取りづらいだろうけどw
 【2007/01/11】
無題
逸するのは「常軌」で、人知は、やはり「超えて」欲しいです。
すがも 2011/07/25(Mon) 編集
Re:無題
言葉の使い方として、正しい表現ではありませんね。たしかに。
人の知っている範囲を逸脱している、程度の意味で使いました。

2chの毒物関連の話題から来られました?
 【2011/07/25】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
双葉稀鏡
性別:
男性
趣味:
TRPG
自己紹介:
いつもは別のハンドルを使っている。
某MMOの属性武器の通称と同じなのは嫌なので、こっちを名乗る。
某大学RPG研究会OB。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[12/29 Grovercof]
[03/17 karasawa]
[07/22 esse]
[07/06 アリス]
[06/15 esse]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 行き当たりグッタリ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]