忍者ブログ
適当に駄文。 書き物は妖怪メイン・・・でもないかも。 TRPGとか電源ゲーとかの話も。
[766] [765] [764] [763] [762] [761] [760] [759] [758] [757] [756]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朱鷺田先生のブログで歌の龍王読んだりなんだり・・・
あまり時間も無い

で、まあ歌の龍王はいいとして、クトゥルー関連の記事がちょっとだけあったので


+ + + + + + + + + +
俺がクトゥ神話あまり好きじゃない最大の理由のうちの一つ
あれは世界各地の宗教について、キリスト教がとってきたのと同じスタンスを取ってるんだよな。
『辺境の地の未開人たちが信仰しているのは邪神なのです~』ってか
キリスト教も同じように扱えばいいのにwww
大工の息子、図書館の犬にかみ殺された合いの子、この共通性について論文とか書いてみますか誰か?

H・P・ラヴクラフト自身は人種差別などしなかった、と彼の友人達が言ったそうだが、彼の書いた作品には(あまり読んでないけどさ)違う人種や宗教、容貌の特長を不気味に表現する文章が少なくなかった記憶がある。
ラヴクラフトじゃなくて、暗黒神話の作者数名から受けた印象かもしれない・・・
ともあれ、読み手の恐怖や不安をあおるためではあろうけども、そういう表現をしてるのが

まあ最大の理由のうちの「1つ」だがな。
神仏混交とかで日本も多々やってきたことではあるし
・・・悪魔とか邪神とかに貶めることは少なかったと感じるけどなぁ
っつか以前も書いたが、人間とって食う神様なんぞいくらでもいるわけで、日本
わざわざそんなんを「口にするのもおぞましい」とか言われても、というのも嫌う原因だろうか

ゲーマーとしてみれば、まあ材料としては使えますがなぁ
読み手としては、あまり面白い本も無かった気がするんだな

そもそもクトゥ好きな人たち、周囲にも何人かいるが、作品好きじゃなくてクリーチャー好きに見えるな、彼ら。彼らも俺と同じくゲーマー視点なのかもしれんが

グダグダ書いてますが
何が言いたいかというと
あの作品群は、アラブ人とかドルイドとかジプシーとか東洋人に良い印象を抱くような書き方をしてませんね、と
別にタコ食うのは東洋人の専売特許でもないんだが、とどうでも良く終わる
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
双葉稀鏡
性別:
男性
趣味:
TRPG
自己紹介:
いつもは別のハンドルを使っている。
某MMOの属性武器の通称と同じなのは嫌なので、こっちを名乗る。
某大学RPG研究会OB。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/29 Grovercof]
[03/17 karasawa]
[07/22 esse]
[07/06 アリス]
[06/15 esse]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 行き当たりグッタリ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]