忍者ブログ
適当に駄文。 書き物は妖怪メイン・・・でもないかも。 TRPGとか電源ゲーとかの話も。
[745] [744] [743] [742] [741] [740] [739] [738] [737] [736] [735]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

森見登美彦著「宵山万華鏡」
「きつねのはなし」読んで気に入った作者だったのでふと手にしてみたが、これはよい。
現実と幻想の入り乱れる宵山の祭。まさに万華鏡。

作中一の名言:「ありがとう。期待以上のデキだ。さっぱり訳がわからん。素晴らしい」

+ + + + + + + + + +
「宵山姉妹」
最終章「宵山万華鏡」とセット。にして全体の入り口。
宵山の祭で迷子になり、姉を探して祭のなかを彷徨ううちに、あやかしの領域に足を踏み入れかけた少女の話。

「宵山金魚」
次章「宵山劇場」とセット。
生まれて初めて宵山の祭にやってきた男がまきこまれる、理解不能・意味不明のあやかしの祭。

「宵山劇場」
前章「宵山金魚」とセット。
宵山の祭を知らぬ男を、ただ無意味に無目的に騙すため、荒唐無稽な偽の宵山を作り上げる裏方たちの話。
ああ、なんだ作り物・妄想かと思わせておいて、できあがった代物は実は・・・まあ登場人物たちには分からぬ話。

「宵山回廊」
次章「宵山迷宮」とセット。
かつて宵山の祭で娘を失った男性、そしてその姪がのぞいた、あやかしの領域の一端。
宵山姉妹のBADEND版を見た人々、と評すのは乱暴すぎるか。

「宵山迷宮」
前章「宵山回廊」とセット。
何度も続く宵山の夜に囚われた男性。そして彼もあやかしの領域に・・・は踏み込まない。
おそらく作品中もっとも大きな鍵を握る話。

「宵山万華鏡」
初めの「宵山姉妹」とセットにして、現実と幻想の宵山をしめくくる話。
宵山の祭りで見失った妹を探して、あやかしの領域をくぐりぬける少女の話。
これまでの章で出てきた幾つかの言葉を、まとめあげるのではなく、まさに万華鏡のように散りばめた章。
やはり「…金魚」との対比が良い。

というわけでお気に入りの一冊になりました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
双葉稀鏡
性別:
男性
趣味:
TRPG
自己紹介:
いつもは別のハンドルを使っている。
某MMOの属性武器の通称と同じなのは嫌なので、こっちを名乗る。
某大学RPG研究会OB。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/29 Grovercof]
[03/17 karasawa]
[07/22 esse]
[07/06 アリス]
[06/15 esse]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 行き当たりグッタリ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]