忍者ブログ
適当に駄文。 書き物は妖怪メイン・・・でもないかも。 TRPGとか電源ゲーとかの話も。
[175] [174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第4回予告:三重士
そうだ、君にならわかるだろう?
これが自然の姿だ。あるべきカタチだ。
小鳥が絶命の歌を唄い、兎が断末魔の踊りを踊る。
人間というカタチに捕らわれず自然に遊んだ君になら、数多の戦を見てきた君になら、きっとわかってもらえるだろう?
これが世界の真の姿だ、戦乙女。

話せば長い回なので、要点だけ。
主に明日江くん受難の回。

+ + + + + + + + + +
小夜子の兄・代藤定陸軍少尉により、連れ去られる美春3号。
止めようとする明日江だったが、当の美春3号自身にも反撃される。
陸軍によって作られた彼女は、その命令に逆らえないのだ。
・・・いや、一定以上「人間らしい生活」を送っていれば逆らったのですが、裸足でルンペン生活ではとてもその水準を超えられず・・・最大の問題は美春『3号』という名前をつけられたことでしたが。残念ながら美春自身が自分を人形だと認識したままです。
一方神田オペラでも河田希望が連れ去られ、PCたちは犯人の行方を追います。

で、いろいろあったけど見つけて殴り倒しておしまいw
前回の将門様の行動が封殺されて悲しかったので、今回は敵が3人組で色々とコンビネーションやら種別の違う攻撃やらを駆使し、苦戦させることができました。満足満足。

とはいえ、やはりイニシアティブってのは戦闘の要だなと痛感した回でもあります。
早く動ける(遅く動くこともできる)ってのは大きなアドバンテージ。当然か、そのために様々なコスト払ってるんだから。

今回は大体想定内なので誤算は無し。
あえて言うなら早く終わるつもりだった戦闘が長引いたので、最終回を2ボス集合にするか2連戦にするか、それともなにか別の手段を考えるか迷ってるってとこですかね。
うん、連戦はたぶん時間的にヤバいと思うねぇ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
双葉稀鏡
性別:
男性
趣味:
TRPG
自己紹介:
いつもは別のハンドルを使っている。
某MMOの属性武器の通称と同じなのは嫌なので、こっちを名乗る。
某大学RPG研究会OB。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/29 Grovercof]
[03/17 karasawa]
[07/22 esse]
[07/06 アリス]
[06/15 esse]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 行き当たりグッタリ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]