忍者ブログ
適当に駄文。 書き物は妖怪メイン・・・でもないかも。 TRPGとか電源ゲーとかの話も。
[180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いろいろあって思うこと。
ガキの頃からずっとひきずっているわけだが、「どんな理由があろうと先に手を出した(暴力をふるった)方が悪い」という考え方は大嫌いだ。喧嘩両成敗も嫌いだが。

+ + + + + + + + + +
じゃあどういう奴が悪いのか、と言えばそもそもトラブルがどうやって起こったのか、によって違うと思う。
そのトラブルが
1.偶発的に起こったのか
2.意図した行動が意図せぬように働いたのか
3.そもそも悪意があってとった行動によるものか
単純にわけて、この3つだと思う。さらに細かくわければ1と2に関して「その結果を予測し得る立場にいたのか」があると思う。
さらに別の分け方をすれば
1.誰かの運が悪かった
2.誰かの頭が悪かった
3.誰かの性格が悪かった
こういうふうになる。2番と3番に関しては、もう(加害者か被害者かはともかく)その何かが悪かった人が悪いんだろう、と思うわけだが、悪い人が必ずまっとうに裁きを受けるとは限らないのがこの世の中で。なにしろそいつは「何かが悪い人」ですからね。自分は悪くないと思い込んでいるか言い張るか、そんなこんなでうやむやに終わることも多いわけです。
そういう奴には迷わずパンチ!!というシンプルな世界でもありませんが・・・
せめて初めから悪意を持って行動したうえに裁きを避ける人にくらいは蹴りかましてもいいですかね? あと死ぬほど頭が悪くて周囲に迷惑かける奴。
ただ自分の喜びのために(生活のために、ではなく)他人を害する駄目な奴とか、満員電車で座席に荷物置いてる阿呆(寝てて気付かないとかなら別だが)とか、個人的には被害の大小に関係なく死刑にしてもいいんじゃないかと思うんですがどうでしょうかね。

いや極論だけどね。デスノート持ってたらきっとやってるね、俺。
・・・って思ったけど、人が死ぬってことはそれだけ周囲の人間に迷惑かけるんだよなぁ。
難しいねデスノート。

軽々しく人の生き死にを語るべきじゃないんだがね。不謹慎だから。
自戒の意味も10%くらいこめて上げておくか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
>あと死ぬほど頭が悪くて周囲に迷惑かける奴。

私の身が危ないのでやめて頂きたく。

私のサイトでコメントした内容は恋愛沙汰に焦点を当ててますから当てはまらない部分が多くありますが、とりあえず、こういう問題は難しいですね。
midorimu URL 2007/07/09(Mon) 編集
Re:無題
頭が悪い云々は語弊がありますね、マナーの問題です言いたかったのは。midorimu氏の頭が悪いかどうかは全然知らないが、とりあえずいきなり蹴りかましたくなったことは一度として無いですなw
そちらのブログで書いてるのとはかなり違った内容の電波でしたので、そちらにはコメントせずにこのように書きました。実際人の感情が起因している物事に関してはあまりどちらが正しい、みたいな言い方は出来ないなぁなどと思います。
まあなんだ。恋愛関係のいざこざにはあまり首突っ込みたくないね。ありがたいことに縁も無い俺ですがw
 【2007/07/09】
無題
2割のマナーが悪い奴が全滅したら
残りの2割がまたマナーが悪い奴になるね.
rero 2007/07/09(Mon) 編集
Re:無題
生物学的に非常に正しいね・・・
 【2007/07/10】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
双葉稀鏡
性別:
男性
趣味:
TRPG
自己紹介:
いつもは別のハンドルを使っている。
某MMOの属性武器の通称と同じなのは嫌なので、こっちを名乗る。
某大学RPG研究会OB。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[12/29 Grovercof]
[03/17 karasawa]
[07/22 esse]
[07/06 アリス]
[06/15 esse]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 行き当たりグッタリ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]