忍者ブログ
適当に駄文。 書き物は妖怪メイン・・・でもないかも。 TRPGとか電源ゲーとかの話も。
[504] [503] [502] [501] [500] [499] [498] [497] [496] [495] [494]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

実は食べた覚えがありません。

+ + + + + + + + + +
味わい浅き
赤茶けた岩場
切り立った山脈
硫黄の臭い
風に混じるかすかな悲鳴
いつまでたっても変わらぬ風景の中で、二つの影がうずくまっている。
一つの影は物憂げに目を閉じ、残る一つは陶器の杯をゆっくりと何度も口へ運ぶ。
物憂げな影が目を開けて、相方へと話しかけた。
「ずいぶんしみじみと味わってるな」
「ああ、興味深い」

赤茶けた岩場
切り立った山脈
硫黄の臭い
風に混じるかすかな悲鳴
沈黙に耐えかねたか、物憂げな影が再度口を開いた。
「なにを飲んでるんだ」
「中年のサラリーマン、独身」
「寂しい奴だな」
「よく居る奴さ」

赤茶けた岩場
切り立った山脈
硫黄の臭い
風に混じるかすかな悲鳴
「挫折と妥協の味か」
「いや、とくに夢も展望もなかったから、挫折はしていない」
「では孤独と閉塞」
「いや、多少の友人は居たようだ」
「そんな味気ないものの、なにが興味深いんだ」

赤茶けた岩場
切り立った山脈
硫黄の臭い
風に混じるかすかな悲鳴
「人間たちの冬場の煮物にな」
「あ?」
「冬の煮込み料理の具材にな、小麦粉の練り物があるんだが、これ自体の味は薄いんだ。だからスープの味がよく染みる」
「ほう」
「つまり味気ない人生は、その時代と社会の味がするのさ」
「なるほどな」

赤茶けた岩場
切り立った山脈
硫黄の臭い
風に混じるかすかな悲鳴
「煮物の話だがな」
「どうした?」
「俺は大根のほうが好きだ」
「そうか」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
>実は食べた覚えがありません
僕もあんまりありません。
karasawa 2008/03/30(Sun) 編集
Re:無題
あんまり、ということは俺より経験値が高いと言うことですね。
中年のサラリーマンについて。
いえ、ぜんぜん羨ましくないんですが
 【2008/03/30】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
双葉稀鏡
性別:
男性
趣味:
TRPG
自己紹介:
いつもは別のハンドルを使っている。
某MMOの属性武器の通称と同じなのは嫌なので、こっちを名乗る。
某大学RPG研究会OB。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/29 Grovercof]
[03/17 karasawa]
[07/22 esse]
[07/06 アリス]
[06/15 esse]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 行き当たりグッタリ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]