忍者ブログ
適当に駄文。 書き物は妖怪メイン・・・でもないかも。 TRPGとか電源ゲーとかの話も。
[91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

というわけで
シュープリーム=風紀委員。自称学園の警察。
銀の暁=成績優秀のエリートコース生徒。
龍三合=不良グループ。万引きカツアゲからテスト答案の売買まで。
セレスティアルゲート=オカ研
ブルーローズ=ローズ奨学金生徒による互助会
こんな感じで・・・・・・さて飽きた。

すこし真面目に学園物ってのを考えてみる。

+ + + + + + + + + +
伝奇物で人気の学園生活ですが、リアリティを追及すると楽しみは少ない。
学園は生徒たちの自治圏ではないからだ。強権力を持つ生徒会とか風紀委員とかありえねぇ。
俺の実体験からだが、教師による管理は生徒にとって益と束縛の双方をもたらす。生活圏の維持という面倒事は教師がやってくれる代わりに、彼らが望む維持のために生徒の行動は規制される。
もしここで「生徒が望む維持」を押し通そうとするなら、財力も政治力もない生徒たちは、容易に社会から淘汰されるだろう。

逆に言えば財力と政治力があって、多少の頭が働く奴がいれば子供でも学園の支配は可能か?
不可能だ。学費を払って生徒を学校へやるのもまた大人であり、彼らが騒げば最悪警察が動く。国家権力と渡り合える政治力をもった子供? 学園支配よりもっとましな支配ができるだろう。

そういうわけで、リアリティを考えるなら「大人がでしゃばらない程度の事件」もしくは「大人が気付かない状況での事件」を起さねばならない。
前者をすでに学生を終えた俺たちがやったところで面白みは少なかろうし
後者はいったいどういう状況だ? しかもそれで「大人が出ることを子供が嫌う事件」にしなければならない。僕らの七日間戦争では友人が誘拐されていたのを助けていたが(原作・小説な)、そもそもあそこまでヘタれた大人で学園や町が維持できるのかというのもある。

特殊な力をもった子供をPCに据え、大人では解決できない事件を起せば良い。
良いか? その子供は大人の財力や政治力に頼らないほうが効率がいいのか? その能力は大人たちには知られていないのか? 知られているとしたら放置して置くのは何故だ、知られてないとしたらどうやってだ? 同じような能力を持った大人たちは存在していないのか?
疑問は尽きない。
ダブルクロスなぞはそれに対しての解答を出しているようだね。詳しく知らないのでアレなんだが・・・UGNとやらの行動はあまり効率的ではないなと以前セッションに参加したときに思ったが、どうなのだろう? 詳しく知っている人、これについての考察は頼む。

以前のメガテンキャンペーンではこれを念頭に置いて「大人の介入を阻止するべく学園を魔界に落す」という行動を取ろうとした奴がボスだったわけだが(メガテンifが行動後の話で、これは行動自体の話だね)、ちゃんと伝えられただろうか?

つまりナニが言いたいかっつーと学園物というのは
1.フィクションだからリアリティは諦める
2.特殊な世界の学園だから特殊なのは当たり前(ダブルクロスはこれになるのか? 違う気もする)
3.リアルなら異常な状況と認識されるだろうから、そもそもその異常自体をシナリオにする
4.リアルでいいよ。日常を送る
の4択くらいしかないのではなかろうかと思った次第。
むちゃくちゃ燃えたエロゲ「あやかしびと」は2だし、前回俺のやったメガテンは3だ。ちなみに3と4は変化球だと思っている。さらに言えばキャンペーンでダラダラ日常を過ごすのは嫌だw

特殊な世界の学園で、その世界ですら異常なことを起す・・・ってのがキャンペーンとしては王道なのですかね?
折角特殊な世界なら、その世界自体を。つまり特殊な世界の日常を堪能したいと思うわけですが。キャンペーンだと違うかも知らん。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ダブルクロスの学校は基本的に普通の学校ですよ。
学生PCたちの守るべき日常の象徴という扱いなので、現実世界と同じ、大人に守られてだらだらすごしたり勉強したりするところのことが多いと思います。

まぁ、ダブルクロスの日常は侵略されてなんぼなので、なぜか敵は学校でテロったりしている気がしますが、その辺はGMの趣味でしょう。
ということで分類は3かしら。
黒猫夜 2007/04/11(Wed) 編集
Re:無題
なるほど、そか一般人の銃器所持が認められる日本でも学校は学校だわな。(認められてたよな?)
今にして思うが、はたして壊れていく学園生活の描写は学園物と言えるんだろうか?
 【2007/04/12】
無題
> 特殊な力をもった子供をPCに据え、大人では解決できない事件を起せば良い。
> 良いか? その子供は大人の財力や政治力に頼らないほうが効率がいいのか? その能力は大人たちには知られていないのか? 知られているとしたら放置して置くのは何故だ、知られてないとしたらどうやってだ? 同じような能力を持った大人たちは存在していないのか?

名探偵コナンか….

> 特殊な世界の学園で、その世界ですら異常なことを起す・・・ってのがキャンペーンとしては王道なのですかね?

人間学園とか舞台にしたらそんな感じになりそうやね.
生徒に強権力は全く存在しないが,シナリオとしては面白いかもしれん.
rero 2007/04/12(Thu) 編集
Re:無題
人間学園は知らんなぁ
どんなのだ
 【2007/04/12】
無題
「チャチャ」や「寄生獣」を参考にするといいかもしれません。
学園物ではありませんが、「パトレイバー」も参考にできますよ。

>前者をすでに学生を終えた俺たちがやったところで面白みは少なかろうし
そうでしょうか?
「学園祭でバンドをする」話とかそれはそれで……面白くないか。
でも、「先輩たちの残した夏の思い出を、クイズラリー的に回る話」とか面白そうじゃありません?(アクアにそういう話がありました。)

>はたして壊れていく学園生活の描写は学園物と言えるんだろうか?
ひょっとして、-Kの話の話をされているのでしょうか?
over-all 2007/04/12(Thu) 編集
Re:無題
>「学園祭でバンドをする」話とかそれはそれで……面白くないか。
>でも、「先輩たちの残した夏の思い出を、クイズラリー的に回る話」とか面白そうじゃありません?(アクアにそういう話がありました。)

すごい非日常っぽいんだがどうよw

>ひょっとして、-Kの話の話をされているのでしょうか?

それ知らないので、ひょっとしないです。
ただ学園の日常を描くものが学園物ではないのか、その非日常を書いてどうすると思っただけです。
 【2007/04/12】
無題
ダブルクロスに限らず、基本的にFEARゲーは
「PCと同等以上のレベルの特殊能力者は非常に貴重である」という設定により、PCが事件を解決する必然性を高めていますね。
そこに「PC達以上の能力の持ち主はより大規模な事態への対処で忙しい」というセブン・フォートレス的発想も組み合わさってるんではないかと。
つまり「大人は忙しいんだ、自分達の生活圏内(=学校)の事件はお前達で何とかしろ」ということですな。

敵や事件はそこかしこに涌いて出てくるのに、それに対処できる人材はなかなかいない。
この辺に、少年少女PC達が活躍できる余地があるんではないかと。
地蔵薬師 2007/04/12(Thu) 編集
Re:無題
ああ、FEAR系のなら問題なくいけるかも。
思ってたのは、特殊能力者による支援だけが支援ではあるまい。組織だってのバックアップなら物資援助や財政援助を一般人にやらせればいいだろう、ということなので。
そもそも支援物資や経済を考える必要の無い、そういう支援が用を成さない場合は「おまえらのことは、おまえらでやれ」で行けそうですな。
 【2007/04/12】
楽しみ方?
そもそも「学園モノ」なんて存在が現実を下敷きにしているわけで。
どこまで現実を虚構に混ぜ込むのかの線引きが明確に要求されますね。
そういった意味では選択肢弐は非常に分かり易い。まぁ故にポピュラーなのでしょう。

イベント発生・状況に関するリアリティは世界がどこまでそれを許容するかにかかってきますね。選択肢弐による特殊ルールの導入次第でしょうか。このルールの範囲内での「正常」は意外と普通の世界での「異常」だったりするわけですよね?ならばそれもシナリオにはなりえるかな?
戯言氏 2007/04/12(Thu) 編集
Re:楽しみ方?
つまり乱暴な例を挙げれば
「この状況では以下3つの行動しか取れないよ、何故か」「何故だ!?」
「それは自分らで調べてくれ」
ってことだろうか?
すごい変則的だけど、面白いと思う。ただ変則的なだけに一発ネタっぽいw
 【2007/04/12】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
双葉稀鏡
性別:
男性
趣味:
TRPG
自己紹介:
いつもは別のハンドルを使っている。
某MMOの属性武器の通称と同じなのは嫌なので、こっちを名乗る。
某大学RPG研究会OB。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/29 Grovercof]
[03/17 karasawa]
[07/22 esse]
[07/06 アリス]
[06/15 esse]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 行き当たりグッタリ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]