忍者ブログ
適当に駄文。 書き物は妖怪メイン・・・でもないかも。 TRPGとか電源ゲーとかの話も。
[145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どこまで話したっけ? そうそう明日江君が落ちたとこからね。
なんとかこう、まとめて書くことはできんものかw
色々と平行して進んでいるのが問題なのだろうね。
よし今回は箇条書きでやってみよう。(以前もやりました)

+ + + + + + + + + +
・地下へ落ちた明日江は妖怪・イッポンダタラと出会う。そこで見つけた木箱に手に入れたネジがはまるのを確認し、巻いてみる明日江。箱から出てくる全裸の少女。明日江、「箱を開けた」ことで覚醒。女性を破壊せんと襲い掛かるイッポンダタラ、それを阻止せんと戦う明日江・機械仕掛けの少女。辛勝した明日江は少女に美春3号と名付け(いやどうなんだ・・・)外を目指そうとするも加護判定ファンブル。

・希望の母と会う小夜子。母親が(いろんな意味で)普通の人であること、希望が生まれたのがハレー彗星が接近した時であることを確認。

・夜、米倉支配人と飲みに行く越智。マグネタイトや各種アイテムを扱うバー「ギャラクシイ」を知る、が猟奇課の越智にはどうでもいいw ギャラクシイは寡黙なマスターと金髪ロングのお姉さんケイトが運営している。

・明日江を探しに出た春原、付き添った小夜子(+マーピィ)、ダウジングで明日江の方向を調べると、なんか皇居の地下を指す・・・。そりゃ加護判定ファンブルものです。出会った大道海軍少尉(小夜子の種違いの兄)にねだって、「海軍が独自に調べていた」帝都地下道に案内して貰う。その声を聞きつけた明日江と美春3号は、ようやく外へ・・・でも春原さんの様子がおかしいよ?

・いい気分で夜道を帰る越智。「姐さんの敵討ち」に出てきた妖怪・ふらり火を神田オペラまで案内する。あんたは酔ってる時の方が警官として良い人なんじゃないか? そこへ合流する明日江たち。さらに出てくるイッポンダタラ。

・「その機械人形を壊させろ、そして小僧を殴らせろ」と騒ぐイッポンダタラ。「その小僧は話に聞く姐さんの仇の一人にそっくりだ」とわめくふらり火。一目ぼれした美春3号に過剰なほど愛着を見せる明日江。「明日江が操られてるんじゃないか」と不審の目を向ける女性PC陣。とりあえず春原邸で話し合い。おまえらの悪魔の扱い方は、なんというか実に悪魔的ですねw 普通の人間のように話し、相手の言うことを聞き、できるだけ友好的に接しながらも自分の領分は守る。あれ、こう書くと普通の人間っぽい?

・イッポンダタラ篇。「その人形を壊す依頼をされたが勿体無いし実害も無かったから壊さんかったが、動いた以上は壊す」と主張するイッポンダタラ。なお依頼主は言えないとのこと、職人気質の爺さんです。そこへ越智が言うには「そりゃあんたの管理責任が問題だ。銭を払え」現金なんぞないので妖刀ニヒルを渡すイッポンダタラ。「悪いようにはしない」という越智。とりあえず明日江に向かって一回攻撃を許され、いなされた後に帰っていくイッポンダタラ。・・・あれ、なんか適当にお茶濁されなかったか俺?

・ふらり火篇。難航するかと思われたが、どうも自分の持つ情報が曖昧だとわかったふらり火(曖昧だよ! こいつらが仇なんだよ、小袖の手殺したのこいつらだっ)は、人相書きでも貰ってくらぁと退場。最後まで親切だった越智に好感度アップ(多分次回には最低まで落ちてる)。

・美春3号篇。で、問題はいつのまにやら春原女史の女の沽券にかかわるものになったようで・・・以下、通常モードで。
春原「で、今まで世話になった私と、その女とどっちが大事ですの?」
明日江「僕は、どっちも大事です!」
春原「そう。あ、そう! ええ、じゃあ壊しましょう!」
 ああ、怖い。ほんと怖いよ、そのロールプレイ! うわあ俺PLじゃなくてよかったなぁ。
小夜子「なんか最期っぽいので末期の酒にでも誘います~」
美春3「栄養の摂取は必要ありません」
小夜子「コミュニケーション取るためよ」
美春3「コミュニケーション?・・・基礎記憶に情報があります。相手を裏切り諍いを起すための前準備ですね」
 慌ててコミュニケーションのなんたるかを教え始める小夜子。それはそれで片寄っていたがw
マーピィ「明日も希望はあるよ! 頑張って!」
美春3「キボウとはなんですか? ワタシには該当する概念がありませんが?」
 で、いろいろ話した結果、抽象概念のほとんどがネガティブに記憶されていることを確認する小夜子。いやマーピィもいるんだが、多分ピクシーは気にしないw
 さて見かねた越智、ついて来てた大道少尉が明日江へ助け舟。
大道「君の心がけは立派だが、女性はどちらかを選んで欲しい時もあるんだよ」
越智「おまえ持ってるマグネタイトよこせ。よし、できるだけいいようにしてやろう」
 いや明日江君、マグネタイト換金できること知りませんが、しかし越智さーんw
明日江「春原さんには今まで御世話になりました。その恩は忘れませんが、僕は、美春3号のほうが大事です!」
春原「あ、そう! じゃあ出て行きなさい! あんたも、いつまでも座ってないで御主人様についていきなさいよ!」
 いやだから怖いって! うわぁGMってこんなに怖いものだったのかぁ・・・
美春3「主人ではありませんが、二名から指示があったので随伴するであります」
 こうして宿無しになった明日江君。所持金は少ないぞ、君の明日はどっちだ!?

かくして次回へ続くのでした。
次回、急展開!予定!未定!!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
双葉稀鏡
性別:
男性
趣味:
TRPG
自己紹介:
いつもは別のハンドルを使っている。
某MMOの属性武器の通称と同じなのは嫌なので、こっちを名乗る。
某大学RPG研究会OB。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/29 Grovercof]
[03/17 karasawa]
[07/22 esse]
[07/06 アリス]
[06/15 esse]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 行き当たりグッタリ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]