忍者ブログ
適当に駄文。 書き物は妖怪メイン・・・でもないかも。 TRPGとか電源ゲーとかの話も。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

絵描きになりたいのか
絵を描きたいのか

そういう問題。
真に大成する絵描きは、絵描きになりたかった人ではなく絵を描きたかった人である。
PR
サンデーの新連載2話目を読んだわけですが、意外にまともなことを言っている。
もちろんあの理屈が全てではないが、あれを一つの理論とする方法があるのは間違いない。
なによりアメリカ開拓時代の土地取りに呪術を絡めたのは、小さい扱いだけど実は上手いね。
界を結ぶというのは、実際土地取りの話なわけなのだし。礼=律に繋がる考察も可能な回。好感度かなり上昇。

しかし自己暗示を呪術に取り込んできたなら、否念(「呪術なんて存在しない」という対呪術用防御呪術。アンチマジックシェル)も出てくるんだろうか?
きっちり少年マンガやるならヒロインは必須なわけで、そのへんに期待。

…あ、アルバトロスという不吉な単語が思い浮かんできましたよ。
セカイ系(Wikipediaより転載)
セカイ系は「主人公(ぼく)とヒロイン(きみ)を中心とした小さな関係性(「きみとぼく」)の問題が、具体的な中間項を挟むことなく、『世界の危機』『この世の終わり』など、抽象的な大問題に直結する作品群のこと」と定義される場合があり~(以下略)

具体的な中間項を挟むことなく、というのは国家や社会という本来関わってくるはずの物事。つまり
リアル 日常ーぼくーきみー社会システムー世界の危機
セカイ 日常ーぼくーきみー(省略)ー世界の危機
これは別に社会システムを「無いもの」とみなしているわけではない。「描く必要が無いもの」として描写されていないだけだ。
自分の生まれた国、育った文化背景を素晴らしいと思うのは大事なこと。
でも「それが絶対」だと思うのは危ないこと。

他国の様子を見て、その国が経済的・社会立場的に危険な状況にあるとしても、その国民たちの育った、そしてその活動を支える文化背景を「うは、大変だねw」などと見る姿勢は、あまりに尊大な、思い上がった、非常に危険な思想の顕れではなかろうか?

日本は確かに思想・信仰の自由を謳っている。街角でどのような思想を説いても罰されることは無い。しかし、それを右から左に聞き流す国民性の土壌を作り上げたのも、また同じ日本なのだ。
「言論の自由を妨げる国よりも、まだ変化しうる可能性を残しているから健全だ」だ?
敵対するのではなく、無視させることを選んだのは、それがもっとも国体を安定させる方法だからに過ぎない。あくまで方法の一つに過ぎない。
抑制した圧力は武力革命として爆発する。蓋をせず醗酵させるにまかせた思想は、ただ臭いと思われるだけだ。

ああ、無論、俺はこの平和な日本に生まれてきて幸せだし、それを破壊する気もない。だが、様々な見方が存在し、様々な文化が存在するこの世界の中で、自分たちこそが正義自然であり他者より幸せで優位な社会にある、などと思い上がらぬほうがいいのではないかと、

ああ、くそ! 「思い上がってなどいない」と思い上がった貴様らは言うのだろう!!
自分の思想が正しいと盲信している人間は、自分がその思想を正しいと思っていることすら認識できないのだ。
などという思想を盲信している俺は、常に自戒を続けているつもりの俺自身を賛美し続けるのだ…
色々と誤解もあるようだし、そもそも本来そういうことを書いた場所でない所で議論が続いているので、ここでまとめる。

俺が書いた「キャラが勝手に動く」に対して「恥ずべきだ」というのは

1.ストーリーを制御できない作家は未熟。
2a.出来上がったものが不出来な場合、「キャラが勝手に動いて」と言うのは、自分がストーリーを壊しかねないキャラを作ったことが原因だ。
2b.出来上がったものが上出来な場合、「キャラが勝手に動いて」と言うのは、自分が始めに想定していたストーリーよりも良いものができる素地があったのに気づいていなかったのだ。

以上の2点(場合わけしてあるので3つだがな)が理由だ。
以降の意見はこちらにお願いします。


追記
キャラが勝手に動いた作家がクズ作家だ、と言うつもりも無い。
初めから完全に矛盾や無理のないストーリーを構築しきり、それを常にどんな作品にも維持できる作家というのが世にどれほどいるだろう?
ただしそれが理想であり、理想であるならそうでないことを悔やんで研鑽すべきだ。
だから「キャラが勝手に動いた」と言う作家は、それが自分の至らなさの証であると認識し、次はそうならぬように頑張るべきだと思う。

もし「俺のストーリー作りは完璧だ。毎回無理無く最良の作品を書き続けている」という作家がいたら、その人のほうが向上心のないクズ作家である可能性は高いかもしれないね。
カウンター
プロフィール
HN:
双葉稀鏡
性別:
男性
趣味:
TRPG
自己紹介:
いつもは別のハンドルを使っている。
某MMOの属性武器の通称と同じなのは嫌なので、こっちを名乗る。
某大学RPG研究会OB。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/29 Grovercof]
[03/17 karasawa]
[07/22 esse]
[07/06 アリス]
[06/15 esse]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 行き当たりグッタリ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]